振動測定と振動解析による診断

新技術の取り組みのご紹介

当社は、計測技術と振動解析技術を用いて、構造物(橋梁・建築)の健全度を診断しアセットマネージメントを提案します! 振動調査・診断システムは、弊社島田技術顧問瀧上工業(株)(株)東京測器研究所の3者で研究を進めています。
構造物の振動測定/振動解析による健全度の診断

システムのあらまし

橋梁をはじめ、構造物の健全度を調査・分析する一つの方法に、振動の具合を測定し、その性質を解析する方法がある。 「石橋を叩いて渡る」ということわざは、丈夫に見える石橋でも、叩いてその感触から安全が確認できることを言う。 では、どのようであれば安全であるかの具体的な知見は、経験的に覚えるしか方法がない。この方法を工学的計測システムと解析システムに構築することの開発研究は、弊社ら研究グループによって進められてきた。

システムの概要

振動は加速度計によって電子的に記録され、その感触の分析はコンピュータで数値化処理をする。その工学的感触から安全性などの知見を引き出すには、多くの経験を積み上げ、それらと比較する必要がある。
振動データの解析結果から対象構造物の力学的性質を判定するときは、表面上の数値的性質が持つ裏の意義にまで踏み込む必要があって、その構造物の設計理論、建設、補修などを含めた総合で推論することになる。 これには、同じような多くの測定結果の知見を傍証として利用できるのが望ましい。本システムで測定結果は、今後、同じような構造物の測定の参考になるデータとして、積み上げる一つの資料としたい。

システムの詳細な説明

振動測定による構造物診断システムの説明書(PDF形式1.4MB)(2008/11/26改訂)

PDF資料:橋梁の振動測定と診断レポート

お問い合わせ・ご用命

  • 電話:052-232-6039 建設技術本部1部2課 前田(マエダ)まで
  • Eメール:お問い合わせ
PAGETOP