総合防災

人命に関わる災害は、突然に襲ってきます。
その被害を最小に留めるためには、災害に対する不断の準備、そして緊急事態に対しての迅速かつ一貫した対処が必要です。
大規模災害時にとりわけ重要なのは、人びとがパニック状態に陥るのを防ぐために、必要な情報を適宜にかつ継続して提供すること、 そして各種のインフラ事業を生活に必要な最低限の規模で継続、もしくは早期の事業復旧を図ることです。

私たちは、情報提供については第2世代地域衛星通信ネットワークの導入促進で、インフラ事業の継続・早期復旧についてはBCP (Business Continuity Plan) の導入により、 それぞれの課題解決に向けてのお手伝いをしています。

システム概念図
PAGETOP