治水・高潮・津波対策

水は人間生活にとって不可欠な資源であると同時に、水害や土砂災害などの危険ももたらします。
東日本大震災で東北地方沿岸を襲った津波は、圧倒的な破壊力で地域を壊滅状態に陥れました。 この甚大災害以外にも、地球温暖化に伴う気候変化の影響で全国的に水害、土砂災害、高潮災害などが頻発しています。私たちは、これらの大規模災害の発生を未然に防ぎ、 安全・安心な暮らしの実現・確保を目的に、地域の実情に合った対策を提案しています。 また、うるおいのある都市空間、多様な生物の生育・生息・繁殖環境としても重要な水辺環境の保全・整備にも取り組んでいます。

洪水に代表される大規模災害の発生を未然に防ぐため、私たちは水文調査、水質調査、生態系調査、モニタリングなど多角的な河川調査を行い、 洪水が河川へ安全に流出しスムーズに河道を流下できるような河川計画の策定、河川構造物の設計を提案しています。 さらに、万一の災害発生を想定し、洪水予測システムの構築は氾濫解析などにより水防活動を迅速に行うための河川情報を提供するお手伝いをしています。

また、安全・安心な水を確保・供給するため、私たちは水資源の開発計画や、開発した水を安定して供給するための運用計画の策定、管理システムの構築などを行い、日々の水利用のお手伝いをしています。
さらに、うるおいのある空間や、多様な生物の生育・生息・繁殖環境をめざし、水質解析による水環境の管理や水質浄化、生物環境保全、自然とのふれあいの場の創出など、河川環境の保全・整備も提案しています。

人びとにとって憩いの場となる海岸は、時として大規模災害の現場となります。
このように、自然災害は人の想像を遙かに超え、そこにあるすべての人々の生活を奪っていくことがあります。
ですので、過去の災害事例や波浪、漂砂、高潮を解析することで、より正確な甚大災害の規模を想定することが真剣に求められています。 私たちは、海岸の安全と良好な環境を保全・創造するため、各種施設(堤防、護岸、人工海浜等)を計画・設計するとともに、海岸環境計画を立案し、誰もが安らげる海岸を実現するお手伝いをしています。

笹渡魚道
笹渡魚道

業務内容

区分 内容
(I)河川調査 (1)水文調査
(2)水質調査
(3)生態系調査
(4)モニタリング調査
(II)河川計画(河川整備計画) (1)河川整備基本方針・河川整備計画
(2)総合治水計画
(3)アクションプラン
(4)内水対策
(III)河川管理・情報 (1)氾濫シミュレーション
(2)洪水予測システム
(3)内外水複合型氾濫解析システム
(4)流況管理システム
(5)汚濁解析システム
(6)ハザードマップ
(7)パンフレット
(8)浸透マップ
(9)河川施設台帳
(IV)河川構造物 (1)計画
(2)設計
(3)積算
(4)施工管理
(V)水利用・ダム (1)低水流出解析
(2)水資源開発計画
(3)利水計画
(4)利水計算(ダム運用計算)
(5)低水管理システム
(VI)河川環境 (1)水環境の管理計画
(2)生物環境の保全対策
(3)自然とのふれあいの場の創出
(4)汚濁解析
(VII)砂防 (1)土石流対策
(2)流木対策
(3)地すべり対策
(VIII)海岸 (1)高潮対策
(2)津波対策
(3)海岸侵食対策
(4)海岸環境の保全対策
PAGETOP