耐震対策

PCブレースの設置例
PCブレースの設置例
振動測定
振動測定

地震は、災害の中でも大きな被害が予想されるものであり、適切な対応による被害低減の努力が求められています。
2011年の東日本大震災は、1995年の兵庫県南部地震を上回る規模の被害をもたらしました。その結果、構造物への安全設計基準が再度見直しを迫られています。
一方、それ以前に建設された構造物に対しても、適切な耐震診断と耐震補強が不可欠となっています。

東海地方に、この地震に匹敵すると言われる「東海地震」「東南海地震」の発生が予想されている今、 これらの巨大地震がもたらすであろう被害を的確に想定した上での十分な耐震化対策の策定と実施は、一刻を争うと言ってよいでしょう。

この危機意識に立ち、私たちは最新の耐震工学に基づき「地震動予測」「被害想定」「耐震化対策」からなる、総合的な社会資本の耐震化対策を提案しています。

「地震動予測」は、巨大地震の断層モデルを用いて、各地点毎の地震動の大きさを計算します。

「被害想定」は、地震動予測で得られた地震動の大きさと、過去の地震被害から算出された被害率を用いて、地震動による被害の大きさを算定します。

「耐震化対策」は、被害想定の結果を用いて、直接的被害の軽減対策や地震防災応急対策の目標設定を行います。 また、施設の重要性と緊急度から耐震化対策の優先順位付けを行い、事業計画の立案までをご提案しています。
耐震化対策には、ハード的な対応とソフト的な対応がありますが、限られた予算で効果的な対策を実現するためには、地域全体の想定される被害状況を把握した上で、 対応化目標の設定と優先順位付けを行うことが重要となります。

私たちは、構造物はもちろん、ライフラインの要となる上下水道施設の耐震診断システムも活用、さらに施設の劣化調査・劣化診断も行い、万一に備えた防災・減災に幅広くお応えします。

PAGETOP