廃棄物処理

廃棄物の処理・処分は、生活環境の保全、公衆衛生の向上の観点から重要な生活基盤です。

廃棄物の形態は、一般ごみ・粗大ごみ・し尿・生活排水等と様々であり、処理施設を計画するにあたってはそれぞれの特性に応じた最適な処理・処分方法を選択すること、 施設を設置する地域の特性や現状を詳細に分析して、その実情をしっかりと反映した内容にすることが重要です。

さらに、近年では廃棄物行政の目的が 従来の公衆衛生向上や環境保全から、天然資源の消費を抑制し環境への負荷低減を図る「循環型社会」の形成、 化石エネルギーに依存する現在の社会から脱却した「低炭素社会」づくりへと変遷し、これにより3R(Reduce・Reuse・Recycle)の推進等に重点を置いたシステム構築への取組みが進められているとともに、 今後の社会に求められる生活基盤の姿や、地域の特性やその独自な将来像をどう予想するのかというような、今までにない観点からの提言も求められてきています。

私たちは、今までに蓄積した知識と幅広い経験を基に、長期的かつ総合的な視点から、基本計画・整備計画の策定、実施計画の設計、施工監理まで、すべての段階において効率的なシステム構築のお手伝いをし、 循環型社会・低炭素社会の実現を目指します。

田原埋立処分場
田原埋立処分場
鈴鹿市不燃物リサイクルセンター
鈴鹿市不燃物リサイクルセンター
半田市最終処分場
半田市最終処分場
山県市焼却場
山県市焼却場

業務内容

廃棄物処理にかかわるあらゆる事柄をフォローします
当社では、卓越した技術と豊富な実績を基に、廃棄物処理にかかわるあらゆる事柄をフォローし、 市町村が一般廃棄物の処理・処分を行うための基本計画の策定から、整備計画、実施計画、施工監理まで、すべての工程のお手伝いをしています。
  • 基本計画:廃棄物処理のマスタープランを作ります

廃棄物処理行政のマスタープランとなる一般廃棄物処理基本計画。
一般廃棄物の処理・処分の事業を実施していくための基本方針ともなるこの計画を推進するためには、長期的かつ総合的な視点に立つ必要があります。 実際には、それぞれの市町村の特性や現状を分析し、また新たな技術の動きや法規制などを綿密に調べながら、より理想に近い廃棄物処理の計画を作り上げていきます。 このために、ごみ処理としての広域化調査、集団回収・減量化調査、分別収集計画、ごみ減量化計画など、また、し尿等生活排水処理計画、汚泥再生処理センター計画等、さまざまな調査・計画を行います。

  • 整備計画:ハードとソフトを組み合わせて最適システムを計画します

一般廃棄物処理基本計画が出来上がると、それを現実の事業としていかなくてはなりません。そのために、適地調査、基本設計などを行います。
ここでは、施設などハードウエアのことだけでなく、ソフトとの組み合わせにより、技術評価、環境保全、費用便益分析などをとおして、 最適な処理システムを作り上げる計画を行います。 また、仕様書発注方式に対しての豊富なノウハウも提供します。これは次の実施設計審査にも十分力を発揮します。

  • 実施計画:能力・機能・安全を考えて設計します

さまざまな計画が出来上がると、今度は実際に施設を整備するための実施設計などを行う段階に入ります。
整備計画の時点で設定した施設の能力や機能が、安全で確実に得られるような設計を進めます。 また費用面でも過大な投資にならないように配慮することは言うまでもありません。こうして建設工事を発注できるように準備を進めます。同時に、開発などに伴う申請手続きなども行います。

  • 施工監理:施設完成までフォローアップします

実際の建設工事の場面では、工事を円滑に進めるために、土木工事、建築工事、機械工事、電気・計装工事などの施工監理を行います。
ここには、変更設計業務、国庫補助申請業務にかかわる事柄も含まれます。

PAGETOP