橋梁・トンネル

道路計画に不可欠な橋梁・トンネルは、最先端の設計・施工技術に加え、安全性や耐久性、地域環境や経済効果、維持管理も視野に入れた総合的な計画力が求められる分野です。
私たちは、地域環境や経済性、さらに地域の将来像を考慮し、維持管理や耐震性に優れた構造物を、最新の解析技術を活用して計画・設計を行うとともに、 施工にあたっては、橋梁専門技術者を派遣して、技術監理・施工管理を行い、万全のサポートを行います。

また、橋梁やトンネルは、その安全確保のために不断の点検とその結果の補修も視野に入れて、運用を考えなければなりません。 私たちは、構造物の長寿命化という時代ニーズに応えた経年劣化診断や損傷診断により、長期間にわたる安全性の確保、大規模地震に対する耐震補強を提案しています。

1号三日月橋-2
1号三日月橋-2
シールドトンネル
シールドトンネル
橋梁設計
補修設計
橋梁維持
施工監理・発注者支援

業務内容

橋梁

種別 内容
(I)高架橋設計 (1)高架構造物設計
(2)オン・オフランプ設計
(3)高架構造施設設計
(II)橋梁設計 (1)河川協議等条件整理
(2)橋種選定、基礎工選定
(3)橋梁景観設計
(4)施工計画(架設、仮設)
(III)診断 (1)振動調査・診断
(2)耐震・劣化診断
(IV)アセットマネジメント (1)橋梁点検、健全度評価、劣化予測、LCCの算定
(2)維持管理シナリオ選定、予算シミュレーション
(3)中期事業計画(対策橋梁の優先順位の選定など)

トンネル

種別 内容
(I)開削トンネル設計 (1)共同溝等構造物設計
(2)仮設設計(山留め、支保等)
(II)シールドトンネル設計 (1)シールド外径、機種選定
(2)立坑設計(発進、中間、到達)
(3)仮設備計画
(III)山岳トンネル設計 (1)トンネル掘削工法選定
(2)支保設計、坑口部設計
(3)仮設備計画
(IV)トンネル設備設計 (1)電気設備設計
(2)機械設備設計
(3)非常用設備設計
PAGETOP