• 情報の活用支援
  • 民間活力の導入支援
  • 保全活動の支援
刻々と変化する時代。
それに応えるために、公共の姿も変化しつつあります。
当社は、仕組みづくりの観点から、公共の変化を支えています。
事業の展開イメージ

少子高齢化、人口減少、インフラの老朽化など、公共事業を取り巻く環境は常に変化しています。
私たちはこうした時代の要請に正面から対応し、新しい公共に求められる仕組みづくりに真剣に取り組んでいます。

近年の社会資本には「安心・安全」という基本性能の高さはもちろん、環境や景観との調和、さらに国や自治体の財政状況を反映して、 建設時はもちろん、完成後の維持管理の低コスト化や長寿命化等、様々な要請が寄せられています。 この流れに対応して、私たちは次の三つの視点からの仕組みづくりを通じて新しい公共を支えています。

情報の活用支援
適切な公共のマネジメントには、情報の蓄積とその活用が欠かせません。
私たちは、データベースの開発を通じて、様々な要求に柔軟に対応します。
民間活力の導入支援
私たちは、公共サービスの維持・向上を図るため、民間のノウハウや資金の流れを積極的に取り入れることで、新しい公共の創出を支援していきます。
保全活動の支援
私たちは、センサーネットワーク技術を活用した効率的な状態監視技術を、積極的に展開しています。
これにより、事故の防止や異常の早期発見、また予防保全によるLCCの削減に寄与します。
PAGETOP