アセットマネジメント

社会資本をより長期間健全に機能させていくことは、地域住民の生活基盤を安定させる点において、また現在の厳しい財政事情とともに資源を大切に使うというエコの視点においてもまた、 時代の要請として切実に求められています。

アセットマネジメント概念図

私たちは、問題が生じた後に対処するという「事後保全」から、重大な影響の発生を未然に防ぐ「予防保全」へと、施設の維持管理の概念を転換することで、 長寿命化とライフサイクルコスト(LCC)のミニマム化という相反する課題の達成に取り組んでいます。

具体的には、施設に対して定期的に劣化調査・劣化診断を実施することでその健全度を把握・評価し、かつ劣化状況を時系列に従い定量的に分析することで施設の健全度推移を予測し、 効果的かつコストミニマムとなる施設への再投資スケジュールと投資の優先度を決定し、長寿命化を達成します。

私たちは、これまで蓄積した経験やノウハウ、最新の技術・マネジメントシステム等を駆使して、橋梁や上下水道をはじめさまざまな社会資本に向けて、質の高い長寿命化支援をご提案し、 施設の計画的かつ効果的な維持管理のお手伝いをしています。

PAGETOP